つくば市|整体・骨盤矯正で口コミ評価No.1

根本改善を目指す整体院の経営に医師が関わることで、もっと多くの方が救われると信じています。

医師が経営する整体院がないわけではありません。

しかし、当院経営に医師が参加しているのは、本人が筋膜メディカル整体院の行う施術で文字通り「救われた」経験があり、医師が参加することによって、医学的視点からもっと進化できると考えたからです。

 

整体院は、実は国家資格がなくても開くことができます。

その上で、当院はセラピスト全員が国家資格である理学療法士を保持していること、そして、医師や理学療法士などの身体や医療の専門知識を持つものでなければ習得できない特別な技術を身につけた上で、お客様に施術をしています。

 

 

もっとよくなれる、を実現したい。

カウンセリング

そもそも理学療法士は、主に病院やクリニックで患者さんのリハビリテーションに従事しています。

医師の診察後、医師の方針の元、治療計画に沿ってリハビリテーションを行うのが、理学療法士の仕事です。

ただ、リハビリテーションの仕事は、様々なジレンマがつきまとうものなんです。

 

患者さんの頑張りを間近にみているのは、理学療法士です。

つぶさに観察することで、「ここはもっとこうしたらいいんじゃないか?」「こういう風にやっていくと、もっとよくなるんじゃないか?」と、そう気づくことがあります。

しかし、リハビリテーションは医師の診察と方針がすべて。

もっと時間をかけたら、もっと早くよくなりそうなのに。

もっと頻度を変えたら、もっと変わりそうなのに。

そう言ったジレンマを抱えていることがあるのです。

 

「もっとよくなってほしい」

それを実現するためにした選択が、理学療法士による整体院でした。

理学療法士は、医師免許こそ取得していないものの、身体の構造や生理学、薬学、リハビリテーション医学、運動学など、身体に関わる多くの知識を学びます。

どれか一つ単位を落としても、進級することはできません。

卒論を書いて、専門の教育機関を卒業する見込みが立っても、国家試験を合格しなければ取得できない難関資格。

その実、合格率が高いと言われているのは、理学療法士を目指す者がもともと「人を助けたい」思いを持ち、真面目に研鑽してきた結果かもしれません。

そして、近年見落とされていたものの、身体のゆがみや痛みに大きく関与していることがわかってきた「筋膜」の施術スキルをもって、お客様の悩みの根本改善を目指しているのが、筋膜メディカル整体院です。

 

その整体院の施術で、人の健康を預かる医師自身が、長年のつらさを解消できたと感銘を受けられました。

 

 

医師を救った整体院で、もっと多くの人を救いたい

施術

後に経営に参加することとなった先生は、思いつく限りを尽くしても取り除けなかったつらさを、整体院で解消できるとは思わなかったそうです。

しかし、医師だからこそ、病院では治せないと思っていた、とのこと。

 

病院は、急性の症状を処置することはできる。

痛みを薬で抑えることはできる。

しかし、慢性的な症状を治すのは難しいことを、医師だからこそわかっていたそうです。

 

医師にも専門分野があり、医学の世界は日進月歩研究が進んでいるからこそ、先進の医療と現実の医療との差、海外と日本との差など、様々な差が生じます。

それを、民間の整体院だからこそ、いち早く新しい医療知識に基づいた施術を組み込むことができる。

しかも、施術をするのは、身体構造を理解し、医療人としてのモラルを持ち合わせる理学療法士。

これだけでも素晴らしいが、ここに医師による医学視点が加わることで、日本の医療界にもまだ浸透しきっていない新しい根本改善を広めることができる。

それが、医師が整体院を経営する理由です。

 

筋膜メディカル整体院の施術で、救われる方がもっと広がりますように。

ひとりでも多くの方が、どこに行っても無理だったと諦めてしまう前に、根本改善を手にできるように、当院のセラピストがお待ちしています。

 

つくば市の整体なら「筋膜メディカル整体院 イーアスつくば本店」医師や大学教授が推薦 PAGETOP