つくば市|整体・骨盤矯正で口コミ評価No.1

整体で反り腰は改善できる?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。反り腰は、骨盤が前方に傾くことで腰を過度に反った状態で、股関節の前面や腰後面の筋肉が緊張して硬くなり、慢性的な腰痛や股関節痛、頭痛、肩こりなどのお困りごとが誘発される可能性があります。
今回は、慢性的な反り腰で悩んでいる方に向けて、反り腰の考えられる原因や対処法だけでなく、整体院での施術をおすすめする理由について解説します。反り腰が改善されずに悩んでいる方は、この記事をぜひチェックしてみてください。

 

反り腰の主な自覚症状となりやすい人の特徴

IMG_3119

反り腰は、筋力低下による体幹から骨盤のゆがみや日常生活動作、妊娠、履物などの影響によって出現し、慢性的な腰痛や股関節痛、肩こりなどのお困りごとが誘発されます。反り腰の主な自覚症状と、反り腰になりやすい方の特徴について解説しますので、ご自身の状態について確認してみましょう。

 

反り腰の主な自覚症状

一般的な反り腰の主な自覚症状としては、慢性的な腰痛や股関節痛、しびれ、肩こり、頭痛、眼精疲労、めまい、疲れ、むくみなどが出現します。骨盤が前方に傾斜するゆがみを生じることで、腰部や股関節の筋肉や関節に負担がかかり、血管やリンパの循環不良を招きます。
反り腰傾向の方は、骨盤のゆがみによってお腹が前方に突出し下半身が太って見えます。また、体幹部から下半身の位置が崩れることで、上半身の首や肩の筋肉のバランスも変化し、二次的な全身に関連するお困りごとが誘発される可能性があります。

 

反り腰になりやすい人の特徴

反り腰の主な考えられる原因は、体幹部から股関節の筋力低下によって背骨から股関節の位置が崩れ、巻き肩などの姿勢不良を生じます。長時間の立ち仕事やデスクワークなどの普段の生活習慣による影響や、ハイヒールなどの履物の影響によって発生する可能性があるため注意が必要です。
また、腹部が突出する妊娠後期や産後の体幹機能低下によっても、腰部の支持性が低下して反り腰が誘発されるリスクが高まります。このような特徴のある方は、柔軟性の改善や体幹の筋力トレーニング、姿勢矯正などを目的とした施術を受けることをおすすめします。

 

反り腰かどうかをチェックする方法

・立ってチェックする方法
壁を背にして立ち、頭部、肩、背中、お尻、かかとを壁に付けてみましょう。その状態で壁と腰の間に手を入れ、壁と腰の間に握りこぶし程度の隙間がある方は、反り腰傾向となっている可能性が高いため注意が必要です。

・仰向けになってチェックする方法
膝を伸ばした状態で仰向けに寝ましょう。その状態で床と腰の間に手が容易に入る方は、反り腰傾向となっている可能性が高いです。

 

 

自宅でできる反り腰の予防法

IMG_3132

自宅でできる反り腰の予防法と改善方法について解説します。今回は、腹筋と背筋のトレーニング、腰部から股関節を中心としたストレッチ、生活習慣の見直しについてご紹介します。反り腰で悩みを抱えている方は、予防法のポイントについてチェックしてみましょう。

 

腹筋と背筋を鍛える

体幹筋である腹筋と背筋を鍛える筋力トレーニングは、背骨から骨盤のゆがみを修正することが可能で、反り腰傾向となっている不良姿勢の改善が期待できます。特に、体幹のインナーマッスルである腹筋群の腹横筋や背筋群の多裂筋をターゲットとし、弱化した体幹筋群のバランスを調整する体幹トレーニングを行ってみましょう。

 

ストレッチをする

反り腰傾向の方は、腰部にある背筋や股関節から太もも前面の筋肉の硬さが著明に出現します。これらの筋肉をターゲットとし、柔軟性や血流改善を目的にストレッチを行うことで、反り腰の予防や姿勢改善の効果が期待できます。
方法としては、起床後や入浴後のタイミングにストレッチを行うように心掛け、一つの筋肉に対して20秒×3セット程度伸張するように行ってみましょう。強く伸張し過ぎないことや反動をつけすぎないように注意し、負担のない範囲でストレッチしてください。

 

生活習慣を見直す

姿勢不良に繋がる悪い生活習慣を見直すことも重要です。立位姿勢や徒歩を行う際には、お腹が前方に出ないように軽く腹圧を入れて正しい姿勢をキープすることを心掛けてください。また、歩行時にはかかとから着地することや、立位時には重心位置をつま先方向ではなく、かかと方向に乗せるように注意しましょう。

 

 

反り腰を改善するなら整体院の受診がおすすめ

IMG_3166

さまざまな対処法を試しても反り腰が改善しない方は、理学療法士資格保有者が在籍する整体院で施術を行けてみることをおすすめします。反り腰のケアには、病院、整体院、整骨院、接骨院、鍼灸整骨院などに通う選択肢がありますが、保険適応とならない場合もあるため通院時には注意が必要です。
また、反り腰を改善することを目的にストレッチや筋力トレーニングを行う際には、専門家のアドバイスを受けてから行うことが重要です。以下に、整体院をおすすめする理由と注意点について解説します。

 

整体院へ通った方が良いケース

多くの対処法を試しても、反り腰由来の腰や股関節のお困りごとが改善しない方は、理学療法士資格保有者の在籍する整体院に通う選択肢もあります。整体院では、筋肉や筋膜を調整する施術や骨格調整を受けることで、反り腰由来のお悩みを緩和させることが期待できます。
また、ご自宅で行えるストレッチや筋力トレーニング、マッサージなどのセルフケアの指導を受けることも可能で、反り腰を改善するために重要なポイントの一つです。

 

整体院に通うことで期待できる効果と注意点

・整体に通うことで期待できる効果
整体に通うことで期待できる効果としては、筋肉や筋膜、関節に対して施術を行うことで腰部から股関節のケアができ、反り腰を改善することが期待できます。また、筋膜は筋肉や内臓などの身体全体に存在するため、腰部のお悩みだけでなく肩周りのお悩みを軽減させる可能性があります。
反り腰や腰部のお悩みだけでなく、O脚や外反母趾などの別の箇所のお悩みを合併している場合は、整体院の専門家に関連性の有無について相談してみてください。また、整体院によっては小顔効果が期待できる美容関連の施術を併用することが可能な場合もあるため、施術を受ける整体院を決める際には整体院の特徴についても理解するようにしましょう。

・整体院へ通う際の注意点
整体院へ通う際の注意点としては、自覚する症状が強い場合や慢性的に改善しないケースでは、反り腰と似た別の病気の可能性があるため、整形外科などの医療機関を早期に受診するようにしましょう。反り腰と思って軽視していると、腰椎すべり症や腰椎椎間板症、坐骨神経痛を患っている可能性があるため注意が必要です。
また、反り腰の悪化によって別の病気を引き起こす可能性もあるため、お困りごとを軽視せずに状態によっては病院を受診して検査するようにしてください。整体院での対応に関して分からない点がある方は、電話対応も行っていますので、初回の施術を受ける前に電話等で問い合わせて気軽に相談してみましょう。

 

 

整体院で反り腰が改善できるのか疑問に思っている方へ

今回は、慢性的な反り腰で悩んでいる方に向けて、反り腰の考えられる原因や対処法だけでなく、整体院で施術を受けることをおすすめする理由について解説しました。反り腰は、骨盤が前方に傾き腰を過度に反った状態で、慢性的な腰痛や股関節痛、頭痛、肩こりなどのお困りごとが誘発される可能性があります。
先ずは、整形外科などの医療機関で検査を行ってもらい、お困りごとの進行状態や別の病気を患っていないか、医師の診断を受けるようにしてください。さまざまな対処法を試しても反り腰が改善しない方は、理学療法士資格保有者が在籍する整体院で腰の筋肉や筋膜の調整に特化した施術を受けることで、反り腰を改善することが期待できます。
当院は施術を行うスタッフ全員が理学療法士資格を保有する整体チェーンで、筋膜調整や骨盤矯正に特化した施術を行っています。完全予約制で施術を受けることが可能で、仕事や用事で忙しい方も安心して施術を受けることができます。整体院で反り腰を改善したいと思っている方は、KINMAQ整体院にぜひご相談ください。

 

👉KINMAQ整体院https://medical-reha-brand.com/service/

 

「KINMAQ整体院 イーアスつくば本院/ANNEX院」 PAGETOP